歯科口腔外科|福山市西町で歯医者をお探しの方は、和田歯科医院までご相談ください。

福山市西町で歯医者 和田歯科医院

0849238211

診療時間9:00~12:30 / 14:00~18:00

休診日木曜午後、日曜、祝日

アクセス

歯科口腔外科

歯科口腔外科について

歯科口腔外科とは、口腔粘膜や顎骨などに生じるトラブルを、外科的処置によって治療していく診療です。わかりやすい症例としては口内炎の治療や親知らずの抜歯、外傷の治療が挙げられます。外科手術をともなうインプラント治療も口腔外科に含まれる治療です。

また下顎埋伏智歯や悪性腫瘍など、当院での加療が困難な場合には、中国中央病院等の歯科口腔外科専門の総合病院への紹介もしております。

重度の虫歯・歯周病の治療

当院ではできるだけ抜歯を行わない治療を心がけておりますが、重度の虫歯や歯周病(歯槽膿漏)により回復の可能性がない場合には、やむを得ず抜歯することがあります。

重度の虫歯

虫歯が骨の中まで進んでしまったり、歯が欠けてしまい根の部分だけになってしまった場合は、歯を保存するのが極めて難しくなります。また、炎症が強くなったり膿が多くなってしまうと他の歯にまで害をもたらすこともあるので、抜歯せざるを得ない場合が出てきてしまいます。

重度の歯周病

歯周病が進んでしまいますと、歯を支える骨が溶けはじめます。歯が大きく揺れ始める頃には相当進行してしまっていることが多く、治療は困難になり、抜歯という選択肢をとらざるを得ないということもあります。

歯を失ってしまった場合の治療

補綴治療(クラウンブリッジ、入れ歯)

義歯や人工歯を用いて欠損部分を補う治療です。欠損部の治療では、最も一般的に行われます。

インプラント治療

顎の骨に人工歯根を埋入し、欠損歯を土台から回復する治療です。手術を必要としますが、噛む機能と審美性の回復、隣在歯の保存という点からは、最も優れた治療です。

親知らずの抜歯

親知らずは前歯から数えて8本目の歯を指します。
歯並びを悪くしたり、歯ぐきに炎症や痛みを生じさせたりと、何かと口腔内のトラブルに結びつきがちなのが親知らず。とくに横向きに生えたり、変形したりしたものは他の歯に悪影響を与えることがありますので、後々のことを考えて抜歯するのがベストです。
当院では親知らずの抜歯の際に極力痛みがないように努めております。

親知らずを放置するデメリット

虫歯や歯周病になることがある

歯磨きの際に磨きにくいなどメンテナンスがしにくいこともあり、親知らず自身が虫歯や歯周病になってしまうだけでなく、その手前の歯を巻き込んでしまうこともあります。

歯並びをずらしてしまうことがある

親知らずが傾いていたり、横向きに埋まっている場合、周りの歯も歪ませてしまいますので、全体の歯並びまでも悪化させてしまうことがあります。

口臭の原因になることがある

磨き残しが出てしまい、親知らず周辺が不潔になることで、細菌が繁殖し、口臭の原因になることがあります。

頬や歯肉の傷を作ってしまうことがある

斜めに生えた親知らずによって頬や歯肉を傷つけてしまうことがあります。

先代院長ブログ

FACEBOOK

エキテン