福山市のインプラント治療はインプラント認定医の和田歯科・審美歯科・ホワイトニング・美容口腔外科は和田歯科医院    福山駅から徒歩5分。

歯科関連ニュース・トピックス

心・脳血管疾患の患者さんには、アスピリンやワーファリンが投与されている場合がおおくある。抗凝固・抗血小板板療法のガイドラインでは、脳梗塞の既往、高血圧、糖尿病、冠動脈疾患、うっ血性心疾患などの1つ以上あるとワーファリンが投与されている。70歳以上ではINR1.6~2.6が目標である。

今のガイドラインでは、これらの患者の抜歯について、圧迫止血できる場合は原則ワーファリンを休薬しない。

ちなみにワーファリンを止めて脳梗塞が発生する率は日本人の場合、年間4~6%である。

ワーファリンを止める場合は、医師との情報交換で判断することになる。

血小板薬,抗凝固薬の休薬を考える―それは本当に必要か

抜歯,歯周手術時の抗血栓療法

矢郷 香 氏 森本 佳成 氏 矢坂 正弘 氏
矢郷 香 森本 佳成 矢坂 正弘

 日本では高齢化の進行に伴い脳梗塞や心筋梗塞に代表される血栓性疾患が増加し,抗血小板薬や抗凝固薬を継続的に服用する患者も増えている。現在,抗凝固薬ワルファリンを内服する人は100万人,抗血小板薬アスピリンは300万人に上るとも言われる。こうした患者では,手術や抜歯などの観血的処置を行う際の休薬の可否,また再開のタイミングが大きな問題となる。
 シリーズ「抗血小板薬,抗凝固薬の休薬を考える―それは本当に必要か」は,この問題に最新の答を提供することを目指して企画された。第1回は,抜歯や歯周手術時の抗血栓療法について討論を行った。抗血栓療法の中断はリスクが大きく,ほとんどの抜歯例ではワルファリンや抗血小板薬の休薬は不要であること,適切な局所止血処置が重要であることが明らかになった。

 デンタルⅩを導入しました。
小型の手のひらサイズのiPod touchを利用して口腔内の虫歯、プラークの付着状態、動揺度、充填物、かぶせの状態等の検査をした後、データの保存と同時にプリントアウトして患者さんの診断説明書、虫歯診断書、歯の汚れ診断書、歯周診断書と伴に健康手帳としてお渡しするソフトです。
指でタッチするだけで簡単に記入出来。無線ランで接続されており、iPodはどこでも自由に持ち運べる事が出来大変使いやすいと思います。
患者さんは、一目で自分の口の状態が目で見て分かるようになっており、歯牙・歯肉の状態も解説してありますのでインフォームドコンセントに役立つものと期待しております。

病院の歯科部門は、赤字の施設が大半と言われ、その理由は多くの病院関係者は「医科と比べ診療報酬単価が低すぎる」と考えている。  有病者の場合、合併症などに配慮するため、治療難易度が高く、治療時間も長くなる。当然1日の患者数も限られ、赤字にならざるを得ないと思われる。

このため、一般病院での「歯科」の診療科が平成5年の1528施設をピークに減少し、19年は1192施設となり20%減少している。

婦人科や小児科の休診や閉鎖など、マスコミは「医療崩壊」と大きく取り上げているが、病院の歯科部門が年々減少していることはほとんど取り上げていない。この状態が進めば、良質な歯科医療供給体制に深刻な影響を与える可能性がある。