料金案内

全て患者さんの健康で幸せのために、決めた料金です。
より良いものをより多くの方に。

カブセ(クラウン)と詰め物(インレー)料金

オールセラミック冠8.5万円
ファイバーコア1.5万円
メタルボンド冠7~8万円
ゴールド冠6~7万円
ラミネートベニア6万円
セラミックインレー5.5万円
ハイブリッドインレー4.5万円
※詳しくは当院スタッフへお気軽にお問い合わせください。

金属床義歯(入れ歯)料金

チタン合金25万円
コバルトクローム16万円
シリコン加工義歯13.5万円
ノンクラスプ義歯8.5~12.5万円
※詳しくは当院スタッフへお気軽にお問い合わせください。

インプラント関連料金

インプラント埋入16〜20万円
インプラント上部(カブセ)7~10万円
ミニインプラント12万円
All-on4
CT、ノーベルガイド、インプラント4本、仮り歯含む
115~155万円
チタン支台、ジルコニア支台3~5万円
2次オペ2万円
ソケットリフト
サイナスリフト
3.5~14万円
※詳しくは当院スタッフへお気軽にお問い合わせください。

矯正歯科料金

資料・診断料4万円
全顎矯正50万円
毎月5000円
部分矯正15万円
床矯正8万円
※詳しくは当院スタッフへお気軽にお問い合わせください。

その他料金

ホワイトニング
片顎10歯分・ジェル5本分含む、1本2千円
2.5万円
4万円(上下の場合)
※詳しくは当院スタッフへお気軽にお問い合わせください。

医療費控除

医療費控除について

医療費控除は、自分自身やご家族のために医療費を支払われた場合に、一定の金額を所得金額から差し引くことができます。
医療費控除によって差し引かれた金額に応じて所得税が軽減されます。

医療費控除の対象

○自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費
○その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費で、未払のものは対象になりません。
★医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例(国税庁「タックスアンサー

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。
(実際に支払った金額 - Aの金額) - Bの金額
A: 保険金などで補てんされる金額
【例:生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される治療費・家族療養費・出産育児一時金など】
B: 10万円
注)その年の所得金額の合計が200万円未満の人はその5%の金額

控除を受けるための手続

○医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して下さい。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。

医療費控除の例
インプラント治療費100万円の場合

所 得減税額(お金が戻る額)
500万円約18万円
700万円約27万円
1,000万円約30万円
1,500万円約39万円

ページトップヘ戻る